成功率

レーシックで失敗しないために

視力低下は、日々の生活において、とても煩わしく、極度な視力低下は、通常生活を困難にさせてしまいます。
そこで今注目されているのが、レーシックです。
レーシックの費用について詳しくはこちらhttp://www.order-cigarettes-online.com/cost.html
視力矯正というと、眼鏡やコンタクトレンズが主流でしたが、付けたり外したりが面倒な上に、コンタクトレンズの場合、目へ直接入れるので、雑菌が入りやすく、炎症を起こしやすいといったトラブルも多いのが現状です。

そこで、目の角膜矯正による手術をすることで、裸眼で快適に生活をすることが出来るようになったのです。
とはいえ、やはり手術となると、不安が付き物で、費用の方も保険が適用されないので、1回の施術で数十万程かかってしまいますから、失敗しないで視力回復させたいものです。
今では、多くの芸能人やスポーツ選手が施術をしたことを告白しており、有名なところでは、AKB48の前田敦子さんやブラットピットさんが施術を受けています。

特にスポーツ選手は、激しい運動の為に眼鏡やコンタクトレンズが使えない場合が多く、レーシック治療は、まさに画期的な方法http://www.daremoshiranai.com/newtreat.htmlなのです。
しかし、レーシックが日本で流行りだした頃から様々なトラブルが挙がっており、最悪の失明のリスクは無いものの、やはりいくら安全と謳っているとはいえ、完全に100%とは言えないのです。
具体的な失敗の症例というと、施術の際にフラップを作成するのですが、この下に角膜上皮が入ってしまうというトラブルがあり、これは再度の施術により、フラップを持ちあげて、その下のしわやたるみを正すことで、回復してきます。

又、レーシック術後に炎症を起こした場合も、点眼治療によって緩和されてきます。
それから、フラップが薄くなってしまった為に、強い乱視症状を引き起こすこともありますし、強い衝撃で、ずれてしまうこともあるので、こういった失敗を防ぐ為にも、手術を受けたからOKというのではなくて、その後もしっかりとアフターケアを受けることが大切です。
くれぐれもレーシック難民にならないように、クリニック選びは慎重に行いましょう。
また、こちらのサイトhttp://www2.packages.jp/dr.htmlではレーシック難民について詳しく掲載されています。是非ご覧ください。

▼レーシックについてもっと詳しく知りたい方はこちら

このページの先頭へ