成功率

レーシック手術の成功率

目は毎日の生活の中で多くの外部からの情報を吸収し、それを脳に伝え、様々な指令によって、私たちは動いています。
その為、目は毎日酷使され、疲れているのです。
若い頃は感じない目の違和感も、だんだんと多くなり、酷使しすぎた目は、やがて視力低下に繋がります。

近くや遠くが見づらくなってきた・・・それは近視や遠視の兆候ですから、先ずは眼科に行って視力検査を行い、矯正する必要があれば、眼鏡やコンタクトを購入しなければなりません。
しかし、どちらも装着するのが面倒くさいですし、出来れば裸眼で見たいと思うでしょう。
そこで最近話題なのが、レーシック手術で、目の角膜手術をすることで、視力が劇的に回復するというものです。

とはいっても目を直接手術するのは不安がありますし、一体どれくらいの成功率なのか気になります。
一般的に提示されているのが、95%という数字で、一見するととても高いように思いますが、残りの5%が気になって不安を感じる人も多いのです。
そもそも成功するというのはどういうことなのかというと、手術をした後に、失明するといった最悪の事態を招いていないという状況を意味し、目のちょっとした違和感においてはあまり含まれていないようです。

最近では、ニュースでレーシックのことが取り上げられており、手術後の不具合を訴える患者が増えてきたことが挙げられていましたが、これはまだまだ氷山の一角であり、今後もレーシック手術においての問題点は多く、メディアを通して注目されることでしょう。
施術をした後でドライアイになるという人もいますが、それはわずか4%程度で、再手術の必要は1%ですから、残りの99%は成功しているということになります。
勿論、大事なのは手術の技術力ですが、術後のアフターケアもとても大切で、このケアをしっかりとしないことで、感染症を引き起こす要因になりますので、医師の指示はしっかりと守り、面倒くさいからと言って、アフターケアを怠ることがないように、きちんとケアしていくようにしましょう。

このページの先頭へ