成功率

レーシック手術とメガネの関係

一昔前までは、視力が低下した際の矯正としては、眼鏡やコンタクトレンズでしたが、最近では、レーシックの導入によって、老若男女問わず、人気が高くなっています。
何よりも最大のメリットは、施術をした当日から視界がはっきりし、裸眼で物をみることが出来ること、眼鏡やコンタクトレンズを使わなくて済むということが魅力と言えるでしょう。
レーシックがこれほどまでに有名になったのは、多くの芸能人やスポーツ選手が自ら手術をしているということを、テレビ番組等で紹介していたのを、多くの視聴者が見て、そこから広まったようです。

あまりに視力が悪い場合、眼鏡やコンタクトでは矯正しきれないのですが、レーシックでは、どんな視力低下の人でも施術で、しっかりと視力をアップしてくれるのですから、まさに魔法の手術と言えるでしょう。
手術というと抵抗があって、なかなか受けることが出来ないという人もいますが、眼鏡は毎回付け外しが煩わしいですし、洋服との相性を考えないといけないのが面倒くさいようです。
又、眼鏡が似合う人とそうではない人もいるので、レーシックの魅力はどんどん高まる一方です。

洋服とのコーディネイトの心配が無いコンタクトレンズの利用者は現在一番多いのですが、目に直接入れるので、炎症等のトラブルを起こしやすいので、眼科医師はあまり勧めていません。
レーシックとコンタクトレンズの比較も是非ご覧ください。
コンタクトレンズは、長期間使っていると、角膜を薄くしてしまうと言われているので、将来レーシック手術を受けるのであれば、眼鏡を使うようにしましょう。
また、レーシックを受けた後カラコンは付けられるのでしょうか。詳しくはこちらhttp://www.gomusiclyrics.com/karakonn.html
しかし、眼科クリニックに行くと、医師や看護師の多くが眼鏡を付けているのを見かけることがあり、レーシックに不安を感じることがあります。

全国的に見ても、眼鏡をかけているレーシック医師は多く、中にはレーシックを勧めない医師までいるほどです。
それだけレーシックは便利である一方でリスクも伴うので、出来るだけ眼鏡で生活出来るのであれば、そちらを推奨しているのです。
あまりに視力が悪すぎて眼鏡では矯正出来ないという場合は、レーシックを考えてみると良いでしょう。
レーシックを受けた時の運動制限こちらも必見です。

このページの先頭へ