成功率

レーシック手術の安全性

施術後に劇的に裸眼で物を見ることが出来るということで、今巷でも話題なのがレーシックですが、いくら裸眼で物を見ることが出来るとしても、目を手術するというのは、やはり不安は付き物です。
そこで、レーシックは安全なのかという点について、考えてみましょう。
アメリカでは年に100万以上の施術症例があるとされ、日本においては、1995年にエキシマレーザーが、厚生労働省によって認可されました。

この機械の技術が、レーシックを進化させ、知名度を上げてきたのです。
勿論、日本にレーシックが登場した当初は、技術面においてあまり精密ではなかったので、何度か再手術をしないといけない人もいましたが、長年の開発によって、現在では、99.1%の人が視力回復しているのです。
とは言っても、これは100%ではなく、中には視力が回復しない、もっと悪くなったという人もいますから、まだまだ研究開発を続けなければならないわけですが、角膜自体は、再生力が優れているので、術後安静にしていれば、自然と治癒してきます。

しかし、ボクシング等の激しい運動をすると、目に負担がかかり、フラップが取れてしまう可能性もあるので、急な運動は止めましょう。
又、施術中に痛みを感じるのではないかと不安に思う人もいますが、点眼麻酔をしてからの施術ですから、痛みを感じることはありませんし、術後に痛みを感じる際には、痛み止めを処方してもらえるので、安心できます。
今後レーシックの技術を発展させるには、多くの症例が必要で、5万件以上の症例があるというクリニックは、それだけ多くの種類の施術をしてきているということですから、様々な症例に対応可能であり、技術面もより高くなっていると推測されます。
機械の技術だけでなく、医師の技術もクリニックを選ぶ大切な要素ですから、眼科専門医の資格を5年ごとに更新して、資格を取りなおしている医師は信用度も高くなります。
こういったことを参考にクリニックを選ぶことが、失敗の無いレーシック施術に出会え、快適な生活を送ることが出来るようになるでしょう。

このページの先頭へ